ビジネスに役立つヒントが“きっと見つかる”情報マーケット
スモールビジネスの業務に役立つ情報と、こだわりのサービスを取り揃えています
  1. ホーム
  2. お役立ちツール&サービス
  3. 【PR】融資をもっと身近に!スモールビジネスの新しい選択肢「アルトア」

【PR】融資をもっと身近に!スモールビジネスの新しい選択肢「アルトア」

Screenshot_2018-09-07 アルトア株式会社 - スモールビジネスの新しい選択肢となるオンライン融資

事業拡大に必要な資金の調達や突然の設備の故障、一時的な資金繰りの不安など、急に資金が必要になったことはありませんか?

2017年2月に誕生した弥生株式会社の子会社「ALTOA(アルトア)」は、お申し込みから融資の実行までがインターネットで完結する、弥生会計をご利用の事業者向けオンライン融資サービスです。ご利用中の会計データ(※現在は弥生会計をご利用の法人のお客さま限定となります)をアルトアに連携いただき、ご希望の金額・期間を選択いただくだけで、アルトアが速やかに審査を行い、融資条件を提示いたします。

今回は弥生マルシェ読者のみなさまに向けて、弥生株式会社・アルトア株式会社の代表取締役社長である岡本浩一郎からのメッセージ、そしてアルトアを実際にご利用いただいたお客さまの声をお届けします。

(本記事は、 弥生のあんしん保守サポートベーシックプランまたはトータルプランにご加入中のお客さまにお届けしている情報誌「弥報(やっほー)」2018年6月号で掲載した内容の一部を再編集したものです)

弥生のDNAを受け継いで生まれたアルトア

弥報1806_P15_image_社長

弥生株式会社・アルトア株式会社 代表取締役社長 岡本浩一郎

弥生株式会社の子会社として設立したアルトア。両社の代表である岡本が設立の想いを語ります。
「弥生会計がこの世に生まれたのが1987年。以降30年以上にわたって、多くの事業者の方に活用いただいています。弥生会計は、お客さまの事業の現況を測る、いわば『物差し』として、お客さまの事業の発展と継続のお役にたってきたと自負しています。

しかし、弥生会計は良くも悪くも物差しにすぎません。物差しで測った結果、事業の発展のために一歩踏み出すタイミングである、あるいは、事業の継続のために備えるタイミングであると分かっても、それらに対して直接的な打ち手を提供することはできていませんでした。

事業者であるお客さまにとって、資金は事業発展のためにはもちろん、事業継続のためにも不可欠の存在です。アルトアは、弥生のDNAを受け継ぎ、円滑な資金調達を通じて、お客さまの事業の発展と継続を直接的に支援するために生まれました。

これまでの与信モデルは、決算書情報など一時点でのデータによるものがほとんどでしたが、アルトアでは日々の仕訳データなどを活用することにより、より精度の高い与信能力を実現させています。

アルトアは融資をもっとシンプルで、もっと手軽な選択肢であるべきだと考えています。資金を調達するということは、『お金』の仕入れ。商品を仕入れることは、当たり前のことなのに、なぜお金の仕入れとなった瞬間に、面倒で気の重いものになるのでしょうか。融資を受けるためにはさまざまな書類の準備が必要だから? わざわざ金融機関にまで出向かなければならないから? 資金が間に合うかどうか、ハラハラしなければならないから?

インターネットを活用し、お客さまの弥生会計データを分析することによって、アルトアは事業の現況を正確に理解します。書類の準備に時間をかける必要はありませんし、わざわざご足労いただく必要もありません。融資実行時には、入金時期も明確にお示ししますから、間に合うかどうか、ハラハラすることもありません。お客さまが必要とする資金を、必要なタイミングで、シンプルに、軽やかに仕入れていただけるように。アルトアは、お客さまの事業の発展と継続を支援します」

融資が受けられたことで正当に評価してもらえた喜びも

株式会社オカピート 川北加津人さん

株式会社オカピート 川北加津人さん

実際にアルトアをご利用いただいたお客さまにも話を伺いました。

株式会社オカピートの川北加津人さんは、事業プロデュースの仕事をしていた大手広告代理店から独立。50歳を目前にした2016年8月に会社を立ち上げられました。

「クライアントが抱える課題を明らかにし、それを解決するためのアイデアを提案するのが仕事。いわば“コミュニケーション・アイデア・コンシェルジュ”ですね」

1期目は勢いで走りきったものの、2期目に入ると次第に事業規模も大きくなり、協力会社に仕事をお願いすることも増えてきたといいます。

「そんなタイミングで、あるクライアントからの大口入金が遅れ、困っていたところに税理士さんから紹介されたのがアルトアでした」

川北さんがアルトアのサイトを見てまず思ったのは、仕組みがわかりやすいということ。手続きもシンプルなので、とりあえずトライしてみようという気持ちで申し込みしたところ、驚くようなスピードで審査の回答があり、融資金が入金されたそうです。

弥報1806_P17_Ho Capito_1a

「我々のようなスモールビジネスにとっては、外注さんとのパートナーシップはとても重要。彼らへの支払いだけは遅らせたくなかったので、実行のタイミングが明確なのもありがたかったですね。融資の申し込みにはどうしてもネガティブな印象があり、自分自身もどこか引け目を感じてしまうもの。けれどアルトアの場合、会計データを預けるわけですから必然的に『裸で立つ』ことになります」

結果、融資が受けられたときには安堵感以上に、これまで会社としてやってきたことが正当に評価されたという喜びを感じたそうです。

「がんばってますね!と褒めてもらえたような、予想もしない嬉しさでした」

アルトアなら資金にまつわるお悩み事をすぐに解決!

弥生会計のデータのみでかんたんに借入できるアルトアは、保証人や担保なしで、借りたいとき、すぐにご利用いただけます。また、手続きはオンラインで「アカウント登録」「融資お申し込み」「ご契約・ご入金」の3ステップで完了することも大きな特徴です。融資可能な時期を明確に提示し、安心して資金計画が立てられることもスモールビジネス事業者にとっては大きなメリットなのではないでしょうか。

弥報_特集2_image1

詳細についてはアルトアホームページをご覧ください。

現時点での対象は弥生会計をご利用の法人に限定されていますが、将来的には対象を個人事業主にも拡大する予定です。

弥生マルシェ編集部
著者:弥生マルシェ編集部
スモールビジネスの経営・業務に役立つこだわりの情報を、厳選してお届けしています!
\この記事が気に入ったらぜひシェアしてください!/

月別アーカイブ

話題の製品

キーワード

ページトップに戻る