ビジネスに役立つヒントが“きっと見つかる”情報マーケット
スモールビジネスの業務に役立つ情報と、こだわりのサービスを取り揃えています
  1. ホーム
  2. 紹介ツール一覧
  3. 経営・マネジメント
  4. 『Airレジ』(エアレジ)

『Airレジ』(エアレジ)

0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ 「Airレジ」

オススメポイント

利用店舗数No.1のPOSレジアプリ*

Airレジは、いま一番選ばれているPOSレジアプリです。2016年9月現在、25.5万アカウントを超えています。また直近半年間での導入伸び率もNo.1*のPOSレジアプリです。

※調査主体:(株)リクルートライフスタイル 調査実施機関:(株)インテージ(2016年7月時点)

■Airレジのオススメポイント

・サッと入力できるから、お客様をお待たせしません
あらかじめ商品設定をすれば、注文入力はメニューをタッチするだけ。カテゴリごとに商品をまとめたり、人気商品をタッチしやすい場所に配置することができます。お会計がスピーディーになるだけではなく、打ち間違いが減ります。

・売上データを手軽に収集できるから「売上アップのヒント」がカンタンにわかる
Airレジでお会計をするだけで、原価率や粗利などの高度な売上分析を商品別・日別ですぐに確認できます。その他にも顧客管理や在庫管理など、店舗経営に必要なデータをカンタンに収集できます。

概要

Airレジは、0円でカンタンに使えるPOSレジアプリです。必要なのはiPadまたはiPhoneとインターネット環境だけ。誰もが今すぐ使い始められます。さらにレシートプリンターとキャッシュドロアーがあれば、より便利にお使いいただけます。

1.レジ機能が0円
会計や売上管理などの基本的な機能が無料で使えます。

2.操作がカンタン
メニュー選択や金額入力などが直観的に理解できる画面になっています。

3.いつでもどこでも売上の確認が出来る
お店にいなくても、いつでもどこでも売上を確認できます。

4.豊富な機能連携
カード決済、予約台帳、会計アプリなど、さまざまなサービスと連携が可能です。

製品カテゴリ 経営・マネジメント / 財務・経理
対象 店舗経営者向け
連携する弥生製品 弥生会計/弥生会計 オンライン/やよいの青色申告 オンライン/やよいの白色申告 オンライン

価格

Airレジはレジ機能が0円でご利用いただけます。

初期費用 iPadまたはiPhoneをお持ちであれば、0円ではじめられます。
■ドロアやプリンターなど、周辺機器をそろえる場合 42,500円~/1台
※詳しくはAirレジのWebサイトをご確認ください
Airレジ 費用について
月額利用料 無料
無料プラン ○ 

レジ機能が0円でご利用いただけます。

※ 最低利用人数:なし

※ 最低利用期間:なし

動作環境

iOSアプリ

【OS】iOS 8.0~10.0
【推奨端末】iPad Air, iPad Air2, iPad mini2, iPad mini4,iPhone5s, iPhone6s, iPhone7

※最新の情報はAirレジのWebサイトをご確認ください 
Airレジ 推奨環境・推奨端末

Androidアプリ ×

主な機能

  • 注文入力・会計(あらかじめ商品設定をすれば、カンタンに注文を入力することが可能です)
  • レシート出力(レシートプリンターを使えばレシートの出力ができます)
  • キャッシュドロア連携(キャッシュドロアと連携して利用することができます)
  • 領収書発行(会計時にカンタンに領収書を発行することができます)
  • バーコード読み取り(バーコードリーダーを使って注文を入力することができます)
  • オフライン機能(インターネットに接続されていない時でも会計機能の一部が利用できます)
  • 売上分析(お店の売上集計を自動で記録し、売上の状況をいつでも確認することができます)
  • 顧客管理(お客様の基本情報を登録でき、お客様に合わせたサービス提供が可能になります)
  • 商品管理(商品をカテゴリごとに登録したり、注文入力画面の商品の配置を好きなように並び替えることができます)
  • 在庫管理(リアルタイムに在庫情報を確認したり、検索ができます)
  • クレジットカード決済(Airペイメントなどの決済サービスと連携することで、クレジットカード決済が可能になります)
  • 会計ソフト連携(弥生シリーズと連携して、より便利に売上を管理できます)

お客様の声

タブレットタイプのレジシステムとしては複数の候補が挙げられましたが、比較・検討のため同氏は実際に自分の足でレストランなど各サービスの導入店舗を直接訪問し、スタッフから生の声を聞いていきました。総合的な判断として、現場の声を聞くことでタブレットタイプのレジシステムはベストな選択だと感じました。
その中でも一番お店の評判が良く、個人的にも使いやすそうに思えたのが『Airレジ』です。Airレジは、まず操作のしやすさが際立っていました。実際にビックカメラの「Airレジ サービスカウンター」で各機能やレシートプリンターとの連携も試しましたが、これなら誰が使っても打ち間違いがなく、効率的にレジ業務が行えます。

Airレジはコスト面でも大きなアドバンテージがありました。パン屋の開業資金としては一般的に数千万円といわれています。こだわりを実現するにはやはりお金がかかりますから、そうした中で月額利用料が0円で使えて、軽減税率補助金まで受けられるAirレジは大変助かりましたね。また、パン屋は気温や湿度はもちろん、雨が多い時期は降る・降らないでかなり来客数が変わります。そこでAirレジのように売上分析機能が備わっていれば、前年の売上推移からシーズンごとの対策を練ることができるわけです。あとは新商品を開発した時、価格を登録するだけで当日のうちに店頭へ並べられるスピーディーさもポイントでした。

業種
パン屋
規模
1店舗

売上管理機能による、売れ筋把握とメニュー考案が導入目的でした。お客様により良い提案ができることが、お客様満足度に大きく関わってくるので、『Airレジ』の機能でお客様により良い提案ができることを目指しました。

まずは、フード・ドリンクの全メニューを商品登録し、細かな売上の推移を見れるようにしました。 うちは、ホール担当が直接お客様から、その日の気分や好みからフード・ドリンクを提案する形を取っています。 なので、長年の勘はあるものの売れ筋が数字で分かるので提案に自信が持てています。 当初は、瓶ビールを入荷していたのですが、人気が無いことが分かったので廃止の決断ができました。 メニュー会議では、数字を見て会議をしているので、お互いの主観に偏ることなくお客様に満足していただく ためのメニュー考案ができています。

Airレジを導入したことにより、メニュー会議準備のための資料作成時間が月約1時間短縮し、また仕入れ最適化による在庫コストを10%削減することができました。今後も、よりお客様に満足していただける料理、お酒を提供できるようにしたいと思います。

業種
飲食店
規模
1店舗
このエントリーをはてなブックマークに追加

月別アーカイブ

話題の製品

キーワード

ページトップに戻る