ビジネスに役立つヒントが“きっと見つかる”情報マーケット
スモールビジネスの業務に役立つ情報と、こだわりのサービスを取り揃えています
  1. ホーム
  2. 弥生のサポート活用術
  3. 振込手数料を最大67%削減!振込代行サービス『Flico(フリコ)』

振込手数料を最大67%削減!振込代行サービス『Flico(フリコ)』

720x378_Blue振込手数料がもし削減できたら・・・。皆さんは、ひと月に何件ぐらいの振り込みを処理していますか?原材料の仕入れ代金、店舗やオフィスの家賃、営業担当者の交通費精算など、改めて数えてみると結構な件数になりますよね。その際に銀行へ支払っている振込手数料もかなりの金額になっているのではないでしょうか。

そこで今回は、振込手数料を最大67%も削減できる方法をご紹介いたします。なんと年間100万円以上のコスト削減につながったケースも!「振込手数料って減らせるの!?」と思った方はぜひお読みください。

実は振込手数料は高止まりしている

昔は約束手形や小切手などが企業間の支払いによく使用されていましたが、最近はあまり聞かなくなりました。その代わりに増えているのが銀行振込です。インターネットバンキングの普及により一部の銀行では24時間対応が開始されるなど、今後も銀行振込の件数は増加することが予想されます。

しかしながら、振込件数が増えているにもかかわらず、実は振込手数料は15年前からほとんど変わっていません(消費税率の変更を除く)。同行宛て・他行宛ての違いや、送金金額によって振込手数料が異なることは皆さんご存じだと思いますが、ある銀行では「他行宛3万円以上、インターネットバンキング利用」の場合、15年前は1件あたり600円だったのが今は700円と、下がるどころかむしろ値上がりしています(いずれも税抜、定価)。10件で7,000円、100件で7万円と積み重なってくると、振込手数料は意外と大きなコストであることに気づかれるでしょう。

振込手数料削減の手立てとは?

この意外と大きなコスト負担に目をつぶるか、削減を考えるか。簡単に削減できる方法があるなら、もちろん後者ですよね。
削減を考える場合、まずは取引銀行に値下げ交渉を挑んでみる、という方法が考えられます。しかし交渉の結果、必ず値下げしてもらえるとは限りませんし、そもそも交渉自体が面倒です。そのようなときに検討してみたいのが「振込代行サービス」の活用です。調べてみるといろいろな振込代行サービスがありますが、ここではオリックス株式会社の新サービス「Flico(フリコ)」をご紹介します。

Flico(フリコ)は、オリックスが多くのお客さまの振り込みを取りまとめることで銀行からボリュームディスカウントを引き出し、それを利用者へ還元する、という仕組みです。初期導入費用や月額固定料金は一切かからない完全従量制のサービスで、振り込み1件あたりの手数料はわずか260円(税込280円)。他行宛ての振込手数料が700円の場合と比較すると、大幅なコスト削減になります!申し込みの手続きもとても簡単で、銀行口座を新たに開設するのと違い、インターネットに接続できるパソコンがあれば数日で利用を開始できます。

comparison

一般的な銀行の振込手数料との比較(税抜き)

Flicoの活用例100万円以上のコスト削減を実現

Flico100万円以上のコスト削減を達成した会社があります。電話回線やLED照明等の設置工事業を営む名古屋のA社。業種柄、仕入れ品目が多く振込件数も多いものの、今まで銀行と手数料の減額交渉をしたことはなかったそうです。Flicoを利用すれば振込手数料が削減できることに驚き、今はグループ会社分の振り込みもまとめて処理しコスト削減の最大化を図っています。

Flicoの活用例②:そのままアップロードできて満足

コスト削減ができても業務量が増えてしまっては元も子もないですよね。新潟で複数店舗のスーパーを営むB社。インターネットバンキングの画面や業務ソフトで作成した振込データ(※)をそのままFlicoにアップロードすることができることが分かり、すぐに導入を決められました。
※弥生製品では「弥生販売プロフェッショナル/ネットワーク」からの出力データをFlicoに取り込めます。


Flicoの仕組みはこちらの動画で確認できます

どのくらい削減できる?弥生ユーザーはさらにお得!

Flicoを利用した場合、自分の会社はいったいどのくらいコスト削減が可能なのか気になりますよね。コスト削減額の試算は、月間の振込手数料の総額(税抜き)と件数が分かれば簡単です。
例えば、いつもの月間の振込手数料が3万円で振込件数が60件の場合、平均単価は500円。これをFlicoに切り替えた場合、500円と260円の差の240円が1件あたりのコスト削減額です。単純計算では年間で15万円以上の削減額になります。
さらに弥生のあんしん保守サポートにご加入中の場合、通常260円の振込手数料をよりお得な特別価格でFlicoを利用することができます!(詳しくは下記リンク先からお問い合わせください。あんしん保守サポートにご加入中であることを備考欄もしくは詳細欄にご記入ください。)

今月の振り込みから、さっそくFlicoでコスト削減してみませんか?

弥生マルシェ編集部
著者:弥生マルシェ編集部
スモールビジネスの経営・業務に役立つこだわりの情報を、厳選してお届けしています!

月別アーカイブ

話題の製品

キーワード

ページトップに戻る