ビジネスに役立つヒントが“きっと見つかる”情報マーケット
スモールビジネスの業務に役立つ情報と、こだわりのサービスを取り揃えています
  1. ホーム
  2. 知っトク Excel & Word 活用術
  3. 【Office全般】画面の拡大・縮小はコントロールクルクルで

【Office全般】画面の拡大・縮小はコントロールクルクルで

Officeでは画面表示の拡大・縮小は、画面右下の「ズームスライダー」で行うのが一般的。
また、倍率表示の数字部分をクリックするとズームウィンドウが表示されて、表示倍率を細かく設定できるので、こちらを使っているかたも多いと思います。180104-02このズームウィンドウでは、倍率表示の後ろに表示されている( )内の数値や文字を入力して「Enter」すると、マウスで指定倍率をクリックしなくても倍率が変更できます。180104-03特にExcelでは、範囲を囲ってからこのズームウィンドウで「選択範囲のズーム」を選択すれば、範囲選択した場所を画面の大きさに合わせて拡大・縮小してくれます。

また、この「指定範囲をズーム」機能は、リボンの「表示」タブ内にある「選択範囲に合わせて拡大/縮小」でも実現可能です。180104-04と、たかが表示の拡大/縮小機能ひとつでも、さまざまな操作があります。
そこでもうひとつ。マウスの真ん中に付いているスクロールボタンを使った拡大・縮小の方法のご紹介!180104-01スクロールボタンをそのままクルクルッと回せば、画面が上下にスクロールしますが、Ctrlキーを押さえてからクルッと回すと、画面表示が拡大されたり縮小されたりします。自分の側に回せば文字が小さくなり(ズーム倍率が低くなる)、逆に回せば文字が大きく表示(ズーム倍率が高くなる)される「コントールクルクル」です。
Ctrlキーを押してから、どちらかに回せば大きさが変わるのですが、私は逆に回してイラッとなるのがイヤで、「自分の側に回すと、字が(自が)謙虚に小さくなる」と覚えました。

「コントロールクルクル」のいいところは、マウスカーソルをズームスライダーに近づけなくても拡大縮小ができるところです。そんなに手間じゃない...と言われることも多いですが、忙しく仕事をするときって、結構マウス操作にイライラするのですが、私だけでしょうか?

上田 朋子(うえだ ともこ)
著者:上田 朋子(うえだ ともこ)

株式会社システムプラザソフィア代表取締役。マイクロソフト認定トレーナーとして、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)取得講座の講師実績多数。また職業訓練校として、パソコン初心者をたった3カ月でMOS取得まで導く分かりやすい指導方法にも定評がある。弥生認定マスターインストラクター。静岡県は清水に生を受けて50有余年、清水っ子の血が騒ぐ港祭が生き甲斐。知らない土地に出掛けたら、その土地の味噌・醤油を買うのが幸せ。


※本コーナーでは『Office 2016』を使用して操作画面を紹介しています。

『知っトク Excel & Word 活用術』のTopに戻る

月別アーカイブ

話題の製品

キーワード

ページトップに戻る