ビジネスに役立つヒントが“きっと見つかる”情報マーケット
スモールビジネスの業務に役立つ情報と、こだわりのサービスを取り揃えています
  1. ホーム
  2. 知っトク Excel & Word 活用術
  3. 【第6回】関数入力は「数式オートコンプリート」でもっとカンタンに!

【第6回】関数入力は「数式オートコンプリート」でもっとカンタンに!

関数入力が必要なとき、関数のつづりの先頭 2~3文字くらいが解っていたら「数式オートコンプリート」という機能が便利です。例えば、PHONETIC(ホネティック)関数を使って、B列にA列のフリガナを表示したい場合。

【参考】PHONETIC関数の使い方は、こちらを参考に。

1.B2セルを選択して、「 =p 」と入力。

170506-012.表示される候補が多くて探しにくいので、もう1文字、「h」を入力。すると「PH」で始まる関数が2つに絞られる。

170506-023.キーボードの下向き矢印を押して、PHONETICを選ぶ。あるいは、もう1文字「o」を入力して、表示される関数をPHONETICだけにしてもOK。
(どちらの方法でもPHONETICが青く反転して、関数が選択されたことになります)

170506-034.関数が青く反転している状態で、キーボードから「TAB」キーを押して、使う関数を決定する。

170506-045.矢印キーを使ってA2を選び、Enterキーで関数を完成させる。
(関数を閉じる末尾のカッコは自動的に追加されるので、無理して入力しなくてもOKです)

170506-05以上です。

この操作のポイントはPHONETICが反転された状態で、「TAB」キーを押すことです。
「数式オートコンプリート」はとても便利な機能ですが、関数を決定するところで「TAB」と「Enter」を押し間違えて失敗することが多いようです。TABの使い方に慣れて、数式オートコンプリートを活用してくださいね。

 

《おまけ》
複雑な関数の場合は、TABで関数を決定した後に「関数の引数ボックス」を表示して作業したくなります。そんな場合は、関数が確定したら「Ctrl+A」で「関数の引数ボックス」を表示します。

170506-06

上田 朋子(うえだ ともこ)
著者:上田 朋子(うえだ ともこ)

株式会社システムプラザソフィア代表取締役。マイクロソフト認定トレーナーとして、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)取得講座の講師実績多数。また職業訓練校として、パソコン初心者をたった3カ月でMOS取得まで導く分かりやすい指導方法にも定評がある。弥生認定マスターインストラクター。静岡県は清水に生を受けて50有余年、清水っ子の血が騒ぐ港祭が生き甲斐。知らない土地に出掛けたら、その土地の味噌・醤油を買うのが幸せ。



『知っトク Excel & Word 活用術』のTopに戻る

月別アーカイブ

話題の製品

キーワード

ページトップに戻る