ビジネスに役立つヒントが“きっと見つかる”情報マーケット
スモールビジネスの業務に役立つ情報と、こだわりのサービスを取り揃えています
  1. ホーム
  2. 教えて!インストラクター
  3. 【会計】「作業日付」機能を利用して効率よく伝票チェック!

【会計】「作業日付」機能を利用して効率よく伝票チェック!

今回のポイント

「この仕訳っていつ入力したんだっけ…?」をすぐに解決できるテクニック!

 こんなことで困っていませんか?

  • 入力済みの仕訳を見て「これって、いつ入力した伝票だっけ…?」というときに、すぐ確認できるようにしたい!
  • 修正したい伝票を、入力作業をした日付で絞り込んで簡単に見つけたい!

やってみよう!

入力した伝票をチェックしたり、修正したい伝票を探したいときに、素早く見つけたいという声をよくお聞きします。

以前に「その日に入力した取引だけを一瞬で見つけだそう!」で、「今日入力した取引だけ」を素早くチェックできる方法をご紹介しました。今回は似たような状況として、「この仕訳はいつ入力したんだっけ?」と気になったり、複数の担当者で分担して入力されている場合に「X月X日に入力した分だけ」をチェックしたい場合などに使えるテクニックをご紹介します。

 

1)まずはクイックナビゲータの「取引」タブから「仕訳日記帳」アイコンをクリックします。

2)画面の上部にある「表示設定」ボタンをクリックすると、「項目の表示設定」画面が表示されます。ここで[作業日付]にチェックを入れて、「OK」ボタンをクリックしましょう。
※もしグレーアウトされてチェックが付けられない場合は、「項目の表示設定」画面の一番上の[表示サイズを自動的に切り替える]のチェックを外してください。

作業日付チェック

3)仕訳日記帳の画面に[作業日付]が表示されるようになりました。仕訳がいつ入力されたのか分かるので便利ですね!
作業日付表示済み

 

なお、仕訳日記帳の画面上部の「検索」ボタンをクリックすれば、作業日付を絞り込んで対象の仕訳を表示させることもできます。

検索条件

伝票のチェック作業は効率よくしたいものですよね。ぜひ活用してみてください!

弥生マルシェ編集部
著者:弥生マルシェ編集部
スモールビジネスの経営・業務に役立つこだわりの情報を、厳選してお届けしています!

月別アーカイブ

話題の製品

キーワード

ページトップに戻る