ビジネスに役立つヒントが“きっと見つかる”情報マーケット
スモールビジネスの業務に役立つ情報と、こだわりのサービスを取り揃えています
  1. ホーム
  2. 教えて!インストラクター
  3. 【会計】事業所データの新規作成時は、テンプレートを利用すれば初期設定が簡単!

【会計】事業所データの新規作成時は、テンプレートを利用すれば初期設定が簡単!

今回のポイント

自社の業種に合ったテンプレートで初期設定の作業を軽減できる!

こんなことで困っていませんか?

  • 勘定科目名をたくさん変更する必要があるなぁ...
  • うちの業種に合う取引例が登録されていると便利なのになぁ...

やってみよう!

弥生会計を導入して、取引の入力を始める前に行うのは事業所データの作成と各種設定です。なるべく手間なく設定を終わらせて、早々に取引入力に取り掛かりたいですよね。そこで便利なのが、データテンプレートです。飲食業や不動産業など、10種類の業種に対応したテンプレートをご用意しているんです。事業所データを作成するときダウンロードして操作を進めると、自社の業種で使う勘定科目や取引例が設定されたデータができ上がりますよ。今から事業所データを作成する予定のお客さま、ぜひご利用ください。

1)「データの新規作成」をクリックすると表示される「事業所データの新規作成」画面で、「データテンプレートを利用してデータを作成する」を選択します。

データの新規作成

2)「次へ」をクリックします。

3)「ダウンロードページへ」をクリックします。弥生のホームページの「会計データテンプレート」が表示されるので、画面に従ってダウンロードします。

テンプレートダウンロードテンプレートページ

4)ダウンロードしたら、弥生会計の「事業所データの新規作成」画面に従って操作を進めていくと事業所データの作成が完了します。

データの新規作成を行うときは、お客さまの業種のテンプレートがあるかどうか確認してみてくださいね。

弥生マルシェ編集部
著者:弥生マルシェ編集部
スモールビジネスの経営・業務に役立つこだわりの情報を、厳選してお届けしています!

月別アーカイブ

話題の製品

キーワード

ページトップに戻る